沖縄県 うるま市周辺の屋根・外壁塗装見積もり

▼沖縄県 うるま市で外壁貼替え見積り▼
>>うるま市の優良業者を一括比較


沖縄県,うるま市,プロヌリ,外壁塗装見積もり比較

外壁塗装一括見積もりはプロヌリで

全国300社の優良塗装業者から外壁・屋根塗装の比較ができるサイトが「プロヌリ」です。

外壁塗装は世間的な相場がないので、業者の言い値で契約をされてしまうケースが多いです。
特に訪問販売の業者からの見積もりは高額なケースが多く、もしそんな悪徳業者と契約してしまうと非常に大きな損になります。
悪徳業者と優良業者の見積もりは100万円以上も金額差がある場合もよくあります。
外壁塗装や屋根修理を検討する際は、複数の業者の見積もりを比較することが必須です!

プロヌリ」では相談員がお客様のお悩み・ご要望を聞いた上で、全国300社の優良塗装業者のなかから、あなたにピッタリの近くの優良塗装業者を紹介してくれます。安心して手間なく比較検討することができるサービスです。しかも利用は無料です。
▼外壁・屋根塗装見積もり比較▼

>>塗装業者の見積もり比較はコチラから



沖縄県うるま市の方から外壁 見積もりについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

外壁塗装に関して(おさらい) いろいろとありがとうございます。これ…

外壁塗装に関して(おさらい)



いろいろとありがとうございます。これで最後の質問にさせていただきたいと思います。



以下、まとめました。長文ですみません。 A〜C社とも基本的に窓サッシ周り以外が打ち直し、サッシ周りは増打ちにすると・・・



またシーリングをメートル単価で出した業者は1店舗もありませんでした。

A社が4万円、B社は一式12万円(専門業者)、C社は込み込みで明確に表示していません。



前質で”シーリングは現在は新築時に変性シリコンを使用しているので、ノンブリードの変性シリコンがよいです。変性シリコンからウレタンへの変更はNGです。”



とありましたので、今回も変性シリコンがいいということでよろしでしょうか?それから、他の方も言ってましたが、イクシードは賛否があるようですね。



またA社、B社は軒天(軒裏)を通気性がよい塗料。(A社はエバーロック艶消し2回塗り、B社はケンエース)に対して、C社は全部同じ塗料で塗るような感じでした



実はA社、B社が見積もりのための現地確認が30分以内だったの対し、C社は1時間以上、じっくり確認されていたし、地元で古くからの塗装業されているベテランのような方でした。



最後に、どんな塗料を使うかよりも、どれだけしっかり施工するかの方が重要と言う人がいます。確かにそうだと思いますが、こればっかりは、検証しようがないですよね?

ネットには、多くの実績、ベテランの職人、公共事業も請け負ってる等・・・

何を頼りに決めたらいいか(答えようがないかも知れませんが)

アドバイスや、他に注意する点あれば、お願いいたします。

(質問のあった日:2017年12月21日)

変成シリコン、シーリング、塗料、イクシード、業者、コミコミ、窯業系サイディングについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

一般的な外壁塗装やリフォームの一括見積もりサイトは、一般ユーザーとリフォーム会社を直接つなぐシステムとなっているので、入力フォームから登録した瞬間に複数の会社から大量に電話がかかってきて嫌になってしまうという話をよく聞きます。
プロヌリではまず最初にプロヌリ相談員がお客様のお悩み・ご要望をお伺いし、今後の流れについてご説明差し上げた上で、お客様のご状況にあったリフォーム会社を紹介してくれます。
また紹介後も第三者アドバイザーとして、会社との状況を踏まえてアドバイスしてくれるのでとても安心できるサービスです。

管理人はお買い物はこちらのサイトもよく利用しています
>>楽天で探す

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この外壁 見積もりに関する質問に対する回答

今の時代、手抜きで誤魔化す業者はいないと思います。

「増し打ちはありえない」と言う回答者がいますが、実際は大丈夫ですよ!私の自宅は新築(サイディング貼り)で30年ですが、10年置きには宣伝用として塗り替えをして折りま

すが、シーリングも増し打ちで何の問題もありませんし、自宅なので洗浄なし、APフラットを1回塗りですが、剥離もなし5年経っていますが、色落ちもなし何の変化もありません!

但し、リフォーム業者はこんな仕事は出来るはずはありません!

何を言いたいかと言うと、特殊施工ではなく通常の施工であれば、どこに頼んでも心配ないですよ!

しいて言えば、自分で施工する社長の見積もりと言うのは、作業に「何人で何日で終わる」が悲しいかな、読めてしまうので、高くは取れない性があるのです!

逆に職人ではない社長、営業の人の見積もりと言うものは平気で、カタログの設計単価、塗装工業会の施工単価に基づき他業者との兼ね合いで見積もりします。

短い計測と時間掛けた計測を比べて見て下さい?

時間を掛けた計測見積もりは事細かに金額を弾き出す為に、又は高額になるようにする為の計測です。

騙されてはいけませんよ!

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?

この他にもいろいろな考え方や意見もあると思います。

塗装は塗料を塗るということから、お風呂やトイレのように現物という形のあるものではありません。
なので、一見するとキレイに塗られているようで、実は薄塗りをされてしまっていたというケースというのもあります。
薄塗りされてしまった場合、耐用年数が短く、数年で色落ちが起きてしまい、美観を大きく損なうことになってしまいます。
そんなことにもならないように、業者選定はしっかりしないといけないと思います。


ほかにも、楽天市場でも役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

外壁 見積もりに詳しい管理人からの補足コメント




◆私はadboris19さんの回答が適切だと思います。

godさんの見積もりは数字で安く見せるのマジック、説得力のある知識で、素人のお客様は納得してしまいます。

個人業者の見積もりが安いと「手抜きしなくては出来るはずがない」とケチをつけ、高額で契約する業者には気をつけたいものです。





◆「最後に、どんな塗料を使うかよりも、どれだけしっかり施工するかの方が重要と言う人がいます。確かにそうだと思いますが、こればっかりは、検証しようがないですよね?」



検証は出来ます。過去に仕上げた物件を見せて貰えば良いだけです。それもなるべく古い物件を、施工後直ぐの写真等ではなく、現実に見ればどの程度の技術や経験があるか分かります。



「ネットには、多くの実績、ベテランの職人、公共事業も請け負ってる等・・・

何を頼りに決めたらいいか(答えようがないかも知れませんが)」



それは全て宣伝文句と考えた方が良いです。そもそもネットで探そうとする行為自体に無理があり、誇大広告で集客を狙っているのですから、それを信じるのはお客様の方にも責任がある。自分の足で業者を探すのを放棄し、気軽に選ぼうとする。

気軽に選んだ業者を信頼出来ずに、ココで信任を得ようとする。



「アドバイスや、他に注意する点あれば、お願いいたします。 」



もうあなたが何度もBAを付けた人が書いているじゃないですか?

窯業系サイディングが外壁の場合は、塗装云々より、シーリング工事が大事だと。

その3社とも、シーリング工事は素人工事をしますよと言っているのに、その業者の中から選べなんて・・・論外です。



YouTubeでシーリング工事を調べて見ました。



酷い内容なのに、素晴らしい工事を工事をしていると宣伝している。



仮設足場上での工事に、ヘルメットも被らずに施工。



窯業系サイディングのシーリング工事に、ランクの低いNBポリウレタンを使うのが当たり前だと、何の違和感もなく使っている。また窯業系サイディングには使うべきじゃない変成シリコンを使うとか。



素晴らしい技術を持っている人と紹介されながら、最後に養生テープを剥いだら、あちらこちらにシーリングのヒゲが立っていたり、養生テープからはみ出たシーリング材があったり。



窯業系サイディングの版間目地は、綺麗に撤去する必要があると言っておきながら、窓周りは太く打ち増しするようにとか。



シーリング材の撤去をしないで、打ち増しをしているのを誤魔化そうとしている業者がいたりとか。



ココでも一体何度打ち増しをするの?と思わせる回答が多い。



そんな誤魔化し工事をしようとしている業者の中から選ぶべきなんでしょうか?



YouTubeに載せれる程に自信があるのでしょうけど、その後の追跡調査はないのが現状です。





◆どの業者さんもみんな違いことを言うので迷いますね。

でもこれはここだけに限った話ではありません。



どの業者さんもこれまでの経験から自身があって話しているかもしれませんし、もしかしたら契約を取りたいがためにオーバーに行ってるかもしれません。



恐らくこのまま塗料の品質と耐久性に対して頭を悩ませていても、結局は正解の可能性が高くなるとは思えません。



塗料はごまんとあります。

それぞれの業者さんがおのおのの業者さんが取り扱う塗料を必ずしも知っているわけではないので、そもそも比較できない部分も多いと思いますし、もし知らない塗料でも推測で言われているこっちの身になってみれば余計混乱してくるのは必須です。



現在はそんなところにいるような感じがします。



ですので、アドバイスとしては塗料云々とか耐久性とかを聞いたところで、業者さんはそもそもいいことしか伝えない傾向もあることを考えると、一度こちらから業者さんの会社に足を運んだらいかがでしょうか。



つい外壁塗装の見積りというと、自宅に来てもらうのが当たり前のようになってますが(昔からですが)、会社に足を運ぶことによって本当に塗装の専門家なのかどうかということも素人ながらでも雰囲気で感じ取ってもらうこともできます。



特にこれまで結構リサーチしているようですので、感ずるところがあるのかなと思います。



要点としては昔から塗装業専門として営んでいるところがいいと思います。

それは資格証であったり(民間ではない)、事務所構えだったりです。



明確な答えではないかもしれませんが、とにかく一度でもいいのでその会社の実態を見ることをお勧めします。





◆極論で言えば外壁塗装の見積もりに平米数はあまり関係ないと感じてます。



平米数はあくまでも目安に過ぎません。



中庭等のあるような入り組んだ家



ダンボール箱の様な塗りやすい家



外壁の素材や、劣化状況を見てトータル金額を弾きます。



中身は塗料代、足場代、人件費、経費、利益等です。



要するにどれだけ緻密な見積書であっても、答えがあり、平米数がある。



最後に単価で辻褄を合わせます。



もし単価が決まっていれば最終的に値引きで調整します。



外壁塗装塗装選びは



業者選びでもなければ、塗料選びでもなく、施工する職人を一番に選びたいところです。



ライバル業者が同じ下請け職人を使ってるなんて事はざらにあります。



同じ職人でも使う業者によって仕事が変わってきたりもします。



ここの仕事はチェックが厳しい。ここの仕事は単価が安いから手をかけれない。



そんな会話は職人界ではザラでしょう。



私は以前から紹介させて頂いてますが、最終的に依頼してる業者の施工現場に足を運び、担当窓口でなく、職人を見ると良いと思います。現場の雰囲気だけでも見比べると素人の方でも違いがわかる場合はあると思います。





つまり、ネット上やカタログ等には答えはありません。



施工様が見積書と思って見ている資料は、業者サイドからすればプレゼン資料です。



そこに書いてある塗料名や平米数等をどれだけ眺めてもさほど意味がないという事です。



時間で言えば1社の見積書は5分眺めれば充分です。



アドバイスとしては、見積内容を比べると、最終的に見積作りが上手、抜けのない業者に行き着きます。



これは施工技術に必ずしも比例せず、下手すれば反比例します。つまり集客のうまい業者の術中にはまります。



最後にそもそも外壁塗装に期待せずに挑む



が一番良いと思いますよ。



下手に中途半端にネット上で知識を仕入れると後々騙された感失敗した感を感じる方が多いのではないでしょうか?絵に描いた餅という事でしょうか?調べるならトコトン、リアルに現場に出向くくらいでないと到底結論は出せません。





◆A、B、Cどれも問題があるような気がします。

実際の状態が分からないので確実ではないですが、この10〜15年ぐらいで建てられた建物で、サイディングの施工方法に問題がなければ窓周りもシーリングは打ち替えられます。増し打ちはありえないですし、m単価で金額が出てこないのもおかしいです。



私は、シーリング材の常識から考えれば変性シリコンの打ち替えは変性シリコンが良いと思います。グレードダウンはありえないです。



見積にかかる時間ですが、私は実測し、調査もしますので1時間を裕に超えることが多いです。30分でどうやって実測したのでしょうか?



軒天は、ケイカル板などならA、B社の言っている塗料(同じ種類の物です)でよいです。普通に考えるとCは良くないやり方ですが、軒がモルタルで、壁から一体で作られている場合はCのやり方でOKです。



最後の業者の選び方ですが、多くの実績というのは当てになりません。詐欺まがいで訪問販売員を多く廻しているような会社は施工数は非常に多いですが施工内容は・・・。ベテランの職人というのも曖昧でどの程度のベテランなのか?真の塗装職人と言えるレベルの刷毛使いも出来るとかのレベルなのか?それともただ歳を取っているだけなのか。。。公共事業は氏名参加願いを出して、書類が整えば職人を抱えてない会社でも出来ますし。。。

「これだ」という決まった印はないです。裏を返せば、ちょっと疑問程度の会社の方が圧倒的に多いということなのです。

どの会社もそうなのですが、広告や営業マンや事務員などの工事をしない人の給与も、全て代金の中から支払っています。自然にお金が湧き出す会社はありません。

なので、広告を沢山出している会社、事務員や営業マンが多い会社、イメージばかりアピールする会社、それと実績と称して施工したお客様の家の写真や顔写真まで出している会社(個人情報がダダ漏れですね)は絶対に選ばない方が良いです。


外壁塗装はトラブルの多いリフォームです。
プロヌリは全国の優良業者しか加盟することができないようになっています。すでに他社で見積もりを取られている方も利用できますので、まずはお気軽に相談してみてください。
こちらのサイトも参考にしてください。

>>プロヌリの外壁・屋根塗装見積もり相談
>>楽天市場

▼外壁塗装 動画▼



沖縄県うるま市で外壁・屋根塗装やリフォームのトラブルにあったら、
うるま市役所(役場)でも相談窓口があると思いますので一度ご相談してみてはいかがですか?

うるま市の自治体の相談窓口

役場/役所名 うるま市役所(役場)
読み方 ひらがな:うるましやくしょ(やくば)
カタカナ:ウルマシヤクショ(ヤクバ)
ローマ字:urumashiyakusho(yakuba)
住所 〒904-2292
沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号
ひらがな:おきなわけんうるましみどりまちいちちょうめ1ばん1ごう
カタカナ:オキナワケンウルマシミドリマチイチチョウメ1バン1ゴウ
ローマ字:okinawakenurumashimidorimachiichichome1ban1go
電話番号 098-974-3111
エリア 沖縄 > 沖縄県 > うるま市
地図
HP

沖縄県 うるま市の外壁塗装業者比較

>>プロヌリで外壁塗装の相場を受け取る



プロヌリ 外壁塗装・屋根塗装見積もり比較 > 沖縄県 > 沖縄県うるま市近くで戸建ての外壁貼替えの優良業者の見つけ方|外壁 見積もりに関するQ&A

※うるま市役所(役場)の情報は私がiタウンページなどで調査した時点のものです。(2016.10月現在)御覧頂いている時点で内容に変更があることもありますので、最終的にはご自身でご確認ください。うるま市役所(役場)とプロヌリ及び株式会社アイアンドシー・クルーズとは一切関係がありません。お借入は計画的にお願いします

沖縄県粟国村で自宅の屋根貼替えの10秒で簡単見積もり|外壁塗装についての質問
鹿児島県和泊町付近で建物の外壁・屋根塗装の最安値業者を探す|外壁 単価に関する疑問

関連記事一覧

沖縄県金武町で自宅の屋根貼替えの10秒で簡単見積もり|屋根塗装のQ&A

沖縄県 金武町周辺の屋根・外壁塗装見積もり ▼沖縄県 金武町で屋根貼替え見積り▼ >>金武町の優良業者を一括比較 沖縄県金武町の方から屋根塗...

沖縄県石垣市付近で自宅の屋根貼替えの無料見積もり比較|外壁修理関連の質問

沖縄県 石垣市周辺の屋根・外壁塗装見積もり ▼沖縄県 石垣市で屋根貼替え見積り▼ >>石垣市の優良業者を一括比較 沖縄県石垣市の方から外壁修...

沖縄県多良間村近くで建物の雨漏り・防水工事の比較・検討している方へ|外壁 相場についてのQ&A

沖縄県 多良間村周辺の屋根・外壁塗装見積もり ▼沖縄県 多良間村で雨漏り・防水工事見積り▼ >>多良間村の優良業者を一括比較 沖縄県多良間村...

沖縄県南大東村周辺で戸建ての外壁貼替えの相場を調べる|外壁塗装の相談

沖縄県 南大東村周辺の屋根・外壁塗装見積もり ▼沖縄県 南大東村で外壁貼替え見積り▼ >>南大東村の優良業者を一括比較 沖縄県南大東村の方か...

沖縄県渡名喜村で自宅の屋根貼替えの10秒で簡単見積もり|外壁塗装に関する相談

沖縄県 渡名喜村周辺の屋根・外壁塗装見積もり ▼沖縄県 渡名喜村で屋根貼替え見積り▼ >>渡名喜村の優良業者を一括比較 沖縄県渡名喜村の方か...